格安で名入れタオルを注文する方法とは

   

名入れタオルを作りたいけれど、できるだけ安く制作したいものです。ここでは安く作るための方法についてお話します。名入れタオルの場合、タオル本体の値段よりも印刷料金の方が値段を落としやすくなっています。大量に印刷することで一枚当たりの料金を安くすることができるので、注文を行う時は多めに注文するようにしましょう。沢山使用する予定の方は少しずつの注文よりもまとめて注文する方がお得です。大量に注文した方が送料などが無料になるサービスもあります。
名入れの場合は印刷する文字の行数によっても値段が変わってきます。シンプルに一行にした方が値段も安く、見やすい仕上がりになるでしょう。のしだけ印刷も依頼できるようになっているので無地のタオルでもいいと考えているようであればのしだけにすると安く作成できます。

名入れタオルは生地選びも大切

名入れタオルを格安で作りたい時は生地にも注意してみましょう。国産のものを使用すると料金が高くなり、外国産のものを使用すると安く作ることができるようになっています。この種類の違いは国産のタオルは厚みがあり、柔らかくてフワフワな肌触りになっています。外国産のタオルは複数種類がありますが、国産のタオルよりも厚みがなく薄い作りです。お風呂や美容室など洗いやすくて、直ぐに乾くことが特徴です。重さでの違いは外国産のタオルは平均50グラムくらいなものに対し、国産のタオルは平均で75グラム程度あります。挨拶などで使用されている標準的なタオルはその間の62グラム程度です。タオル本体の色は同じでも国産のものと外国産のものでは微妙に色に違いがありますので、発注を行う前にしっかり確認することが大切です。

名入れタオルのカラー選び

格安で作るためには名入れのカラーも重要です。見た目よりも値段重視であればできるだけ単色にしましょう。一色印刷の方が安い料金で作ることができます。複数色を使用する時は使う色の数によって料金が違ってきます。左右違う色にするなど、沢山色を使えば使うほど料金が上がるようになっています。基本的には何色を選択しても単色であれば値段が変わることはありません。
デザインを重視するあまり色の組み合わせを怠ると、タオルと印刷する文字の相性が悪く見えにくくなることがあります。相性が不安な方は見本を確認するか、業者に相談してみると安心です。タオルと文字で似たような色を選択すると見にくくなる場合があるので注意するようにしましょう。印刷する範囲を指定することで料金を安くすることもできます。予算に合わせたデザインを考えると格安で作ることができるでしょう。