名入れタオルのデザイン作成方法

   

名入れタオルにはオリジナルのデザインを入れることができます。気になることはデザインを入れる方法ではないでしょうか。デザインを自分で作成する場合は業者によって、推奨しているソフトが違います。用意されているソフトを使用した方が印刷も綺麗に仕上がりやすいので、デザインを作成する前であればこのようなソフトを使用することをおすすめします。一般的なパソコンソフトや手書きでのデザインでも印刷することは可能ですが、歪みなどが出てしまう可能性があるため、業者による修正が必要となる場合もあります。この場合有料になってしまうこともあるので、推奨ソフトを使用した方が安く仕上げることができます。
デザインが完成したら業者へ送信し、業者からの校正を待ちましょう。早い業者であれば当日から数日で連絡が来ます。この校正を確認して、変更がなければ印刷が開始されます。難しいと思われがちですが、とても簡単にデザインを作ることができます。

デザインを作る時の注意点

デザインを作成する時にはいくつかの注意点があります。それは、デザインできる範囲が決まっていることです。タオル全面に印刷したい場合でもデザインを考える時は少し小さめに考える必要があります。このようにすることでデザインが途中で切れてしまうことがないため、綺麗に作成することができます。デザインが小さい場合には拡大することも可能です。サイズが不安な方は業者に確認するか、印刷可能な範囲を聞いてみましょう。
パソコンでデザインを作成する時はフォントにも注意が必要です。名前を目立たせたいために太く、大きくしてしまうと文字が潰れて読みにくくなってしまいます。文字が綺麗に出るようにするためには26フォント程度で作成するのがおすすめです。

名入れタオルのカラー選びとは

デザインと同様に悩んでしまうのは使用するカラーです。イベントや会社によって指定されたカラーがあれば簡単に決めることができますが、複数の色を使用する場合は組み合わせなども注意しましょう。ハイハラーなビビッドな色のタオルに黒のインクで文字入れするだけのデザインは目立つので目的に応じて作成しましょう。
業者によっては印刷できないカラーがあります。金や銀、ラメや蛍光カラーは難しいことがありますので使用しないようにしましょう。どの色が使用できるかホームページなどで確認することができる場合もあります。不安な方はデザインのカラーを考える前に一度調べてみましょう。