オリジナルタオル名入れタオルの種類とは

   

オリジナルタオルはデザインだけでなく、タオルの大きさまで自由に決めることができます。その種類は豊富で使用用途に合わせて選ぶことができるようになっています。一番小さいものでハンドタオルよりも更に小さいミニタオルがあります。このタオルはとてもコンパクトでデザインを一目で見ることができます。持ち運びにも便利で子供でも持ちやすい大きさです。
マフラータオルはフェイスタオルよりも幅がなく、横の長さが長くなっています。試合の応援や、イベントなどではこのようなタイプが人気で首に巻いたり、名入れタオルを広げて掲げることで応援グッズになったりします。これ以外でもスポーツタオルや、フェイスタオル、バスタオルなども用意されているので、どんな使い方をしたいのか考えサイズを選んでからタオルに合わせてデザインを考えると決めやすいです。

印刷方法の違いとは

オリジナル名入れタオルでは印刷方法を選ぶことができます。とにかく単色で安く仕上げたいと思っている人にはふち有りプリントがおすすめです。沢山印刷すればするほど安く仕上げることができます。名前の通りふちまで印刷するわけではなく、版にデザインを作成し、インクを付けて印刷していきます。この印刷方法では細かいデザインまでしっかり再現することができます。もっとも有名な印刷方法で、納期も早くなっています。
カラーを重視したいのであれば、写真などの画像も印刷することができるフルカラー印刷がおすすめです。料金は高くなってしまいますが、デザインの色を忠実に再現できます。生地の端までデザインをすることができるので、見た目にこだわりたい方はこちらの方法がおすすめです。

オリジナルタオルの注意点

オリジナル名入れタオルは自分好みのデザインを印刷できるようになっています。しかし、タオルの種類や印刷方法によっては端まで印刷することができない種類もあります。折り返しなどでデザインが歪んでしまうこともあるので、デザインがタオルの端まで来るようであればフルカラー印刷などにしましょう。デザインがタオル中心であればふち有り印刷でも、フルカラー印刷でも可能です。
名入れタオルに適しているタオルの種類は平地付で、総パイルでは印刷することが難しい場合もあります。パイル加工で印刷できるタイプもありますので、タオルの種類が決まったら一度印刷が可能かどうかを業者に確認するようにしましょう。オリジナルタオルが綺麗に出来上がるように不安な点は相談すると安心です。